体を動かす

| 未分類 |

車を使用して長距離の旅行に出かけたり、また仕事などで県外へ出張するときなど、一人で長時間運転しなければならないときは、普段の運転よりも体にかかる負担が大きくなり、特に不慣れな道を走ることは精神的にも疲労を蓄積しやすいものです。
こうした疲労が溜まっていくと、安全に運転するための注意力が散漫になったり、また疲れにより眠気を誘発することがあります。
こうした長距離の移動が前もってわかっているならば前日に十分に睡眠をとっておくなどの対策も取ることができますが、多忙なスケジュールの中でこうした状況になってしまうと安全に車を運転することが難しくなります。
特に高速道路などは単調な道が続き、外部からの刺激も少ないため居眠り運転を起こしやすくなる場所でもあります。
こうした眠気を抑えるためには、眠気覚ましのガムやコーヒーなどでカフェインを摂取することも有効ですが、適度な休憩を取り、リラックスすることも有効です。
サービスエリアなどで休憩を取る際は、仮眠を取るなどの他、車外に出て外の空気を吸ったり、ストレッチを行うことで全身の血行を良くしたり、各部の筋肉をほぐすといったことも眠気を取る方法として有効な手段となります。