居眠り運転をなぜしてしまうのかですが、仕事などで日常的に疲労がたまっている場合、運転において重要な注意力が散漫になってしまう事があります。つまり同じような動作が続くことで眠くなってしまって事故を起こしてしまうということです、
また、日ごろから疲れがたまっている人の場合も危険です。睡眠不足などにより疲れが取れていなければ、それだけ交通事故への危険性は高まります。その危険性をどう対処するのかについて、しっかりとドライバーは考えておく必要があります。
睡眠時無呼吸症候群などに代表されるように睡眠により疲労がしっかりととれていなければ、当然ですが自動車の運転などでも慎重に運転が要求されることに対して注意力散漫となる危険性は大きいと言えます。そのため、もし疲れていると思えば無理をして運転を続けずに、たとえばコンビニエンスストアの駐車場に自動車を停めて、飲み物などを飲んでリラックスするとか、あるいは少し休んで疲れが取れた段階で再度運転をするなどの行動が必要になってきます。
無理のない運転を行って、疲れを感じていると思った時には無理をせずに、しっかりと休んでそれからまた運転を再開するといった鼓動が必要になります。