息を止める

| 未分類 |

休日に家族や友人と車で出掛けたり、ドライブを楽しんだり、車は本当に便利です。
通勤で車を利用する人も多くいますね。そんな中で注意しなければならないのがはなんと言っても交通事故ではないでしょうか。運転が上手、下手に関わらず誰でも起こりうるのが居眠り運転です。
朝早くの出発で前日の睡眠不足が原因だったり、レジャーの帰り道、渋滞時にうつらうつら。コーヒーを飲んだり、顔をつねったり、ガムを噛んだりと眠気を出ないようにしたとしても、こればかりは意識をコントロールするのはほぼ不可能です。
そこで、眠気が出てきたら是非試して頂きたいのが、呼吸をしないことです。
眠気が吹っ飛ぶときは、心底驚いたり、命に関わることや身の危険を感じたときに瞬間的に目が覚めます。
体の仕組みによって、睡眠で疲労回復することより、生命を守ることの方が重要だと脳が察知すると、おのずと生命を守ることを優先させる働きをするのです。
呼吸をしないという事は、窒息死するかもしれないと体が察知し、自然と眠気がおさまっていくはずです。
そして、呼吸を止めた後はゆっくりと深呼吸をします。脳が休もうとすると眠気が襲ってくるのですが、深呼吸によって脳に酸素を送り込むことで脳が活性化し、眠気がおさまっていくのです。
万一運転中に睡魔がやってきたら、呼吸を止めて体に命の危機と勘違いさせる、深呼吸をする、この方法で撃退することができるでしょう。