防止対策

| 未分類 |

運転中に事故を起こしそうになったり、人を引きそうになったりして危険だと思う経験をしたことがある人も多いでしょう。
車の運転はアクセルを踏んで、ブレーキを踏んで、ハンドルで曲がってと単調な作業の繰り返しです。さらに、通勤などいつも自分の走りなれた道の場合注意が散漫になりやすく危険です。
その場合の対策としてみなさんはどのようなことをしていますか。
まずは、窓を開けることです。長時間の運転など注意が散漫になると居眠りが危険です。その為、顔に風を当てることで自分を起こしましょう。
次に、ガムなどを噛み口を動かすことです。口を動かすことで脳が寝ないように刺激を与えることができます。さらに、ミントなどの眠気の覚めるガムなどもあるので、それらを噛むことで眠気を吹き飛ばすこともできます。
最後に、自分の好きな音楽をかけることです。自分の好きな音楽をかけることで自分を奮い立たせることができます。しかし、クラッシック等の気持ちがリラックス曲の選曲はやめましょう。さらなる眠気を誘う結果になりかねません。
他にも自分なりの安全運転の対策を実施している方も多いでしょう。
運転に集中できるよう自分自身で心掛けて安全運転を行いましょう。