居眠り運転を防止するためには、アルコールや薬の服用に注意するようにしましょう。
まず、お酒を飲んでいる状態で運転を行ってしまうと、眠気が生じるようになり、居眠り運転の危険性が増してきます。
また、お酒を飲むことにより意識がもうろうとし、正しい判断能力が落ちてしまい、危険な運転を行うことになってしまうのです。
お酒については、法律で運転する時に飲むのを禁止されていますので、運転前の飲酒はやめるようにしましょう。
また、薬についても、飲むことにより眠気を誘発してしまうものも存在しています。
特に、睡眠薬や安定剤など精神に作用するものについては、飲むことにより眠気が起こってしまったり、ふらつきやめまいを生じてしまうものが多くなっています。
運転する前に飲んでしまうと、自分では大丈夫だと思っていても、急に眠気やふらつきが起こる場合もあり、ハンドル操作を誤ってしまいますので、服用を避けたり、ほかの方の運転に同乗するなどの対策をとるようにしましょう。
安全運転を行うためには、眠気を誘発するような物質を飲むのを控える必要がありますので、運転する前には眠気が起こりやすい不安のある成分の摂取を控えてみるとよいでしょう。