自動車の居眠り運転による交通事故が増加しています。
事故を起こしてしまうと、場合によってはドライバーだけでなく、なんの関係もない歩行者などを巻き添えにしてしまうこともあります。
他人の人生を壊すことになってしまいますから、ドライバーはそういう状況も起こりえるということをしっかり意識しながら運転したいものですね。

居眠り運転を防止するためにできることはたくさんあります。
いくら睡眠をたくさんとっても、長時間運転をしていると眠気に襲われてしまう事はよくあることですよね。
そんな時は、サービスエリアで休息することをおすすめします。
最近のサービスエリアは、一種のレジャー施設のような役割を果たしているところもあり、各名産品やスイーツを多く取り揃え、家族でもデートでも楽しめる場所となっています。
ちょっとした公園などを併設しているところもあるので、小さいお子さんがいても楽しめます。

眠気覚ましのコーヒーを飲んだり、仮眠スペースで仮眠をとることも非常に効果的です。
一旦リセットし、また運転に臨めますよね。
できればこういった休憩は2時間おきにとることが理想とされています。
先を急がずに、のんびりとゆとりをもって出発するようにしたいですね。