ウェディング07車を運転していると眠気を覚えたことがあるという方は少なくないはずです。特に長距離の運転中などにそういう経験をしたことがあるのではないでしょうか。
この時に眠気を我慢して運転を続けると、いつの間にかうとうとしてしまい重大な事故を引き起こしてしまう可能性があります。このように危険な運転をしないためには原因を知り、その原因を解消するための対策を立てることが重要です。
では、居眠り運転をしてしまう原因とは一体どこにあるのでしょう。
大きなポイントとしては、3つ考えられます。
まず一つ目は、睡眠不足です。日頃から睡眠時間があまり取れていないような場合や運転をする日の前日にはしっかりと睡眠をとるようにすることが大切です。
また無自覚な睡眠不足として睡眠時無呼吸症候群を患っているケースもあります。もしも、眠っても寝足りないというような症状がある場合は、早めに病院で診察を受けることも大切です。
二つ目のポイントは、長時間運転による疲労です。疲労が蓄積すると集中力が落ちていき、ふとした瞬間に意識が飛んでしまうようなことがあります。そうならないためにも1時間運転したら休憩を入れるようにしましょう。
最後は、食後の満腹感です。食事をとると眠気が来るのはよく知られていることです。ですから、食後は少し休憩を入れて眠気がなくなるのを待つことが重要です。またどうしても眠い時にはカフェインや眠気覚ましのガムなどを利用するのもおすすめです。
このようなことに気をつけていれば危険な運転を予防することは出来るはずです。
ウェディング08